<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
               Page: 1/1   

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

あれどもあらず

 ダグラス・ラミスの『影の学問、窓の学問』の冒頭にある話を頭に浮かべながら、5月の緑の間を抜けるバイパスをドライブしていたときのこと、たいへん奇妙な感覚におそわれた。なんと呼んでいいのか分からないので、「あれどもあらず」の感覚と呼んでおく。

 じぶんを失いそうな感覚。いま・ここのじぶんは本当のじぶんではない、あるいは閉ざされた世界にじぶんが押し込められ、息苦しくなるような感覚。それを自覚すればするほど、ますます泥沼のような、蟻地獄のようなものにはまりそうな感覚。

 これはたぶんラミスの本の影響だと思う。冒頭にあるのは宇宙船で宇宙へ移住する話。たしかこんな話だった、何世代もすでに宇宙空間をロケットで飛んでいる。ロケットのなかで生まれ、死ぬ世代・・・若者たちは「なんのために?」と反乱を起こす。それを鎮圧した為政者たちは宇宙船の窓という窓をふさぎ、宇宙船に関する知識を封印した。やがて時代が過ぎ、すべての知識、学問、政治、教育、宗教を動員して為政者は人々に宇宙船の中を全世界だと思わせることに成功した。ところがある一人の若者が秘密の部屋に入り、閉ざされていた窓の外を見てしまった。そこから暗黒の宇宙が垣間見えた・・・。そうしてじぶんが宇宙船の中にいる事実を知る。その若者はすぐに人々にそれを知らせる。しかし人々は信じない。その若者は邪教をひろめた者として処刑される。

 もう一つは洞窟の話。一度も洞窟の外へ出たことがない人間たちは洞窟の中が全世界だと思っている。火に照らし出されて洞窟の壁に浮かぶ「モノの影」が、この世のすべての事象だと思う。ところがある一人の若者が洞窟の奥へと進んでゆき、遙かな先に一条の光をみとめ、ついに洞窟の入口へ辿り着き、その外へ一歩出た。まばゆい光にようやく慣れると、外の世界がはじめて見えてきた。そこには野原があり空があり太陽があり、ほんとうの「光」と「世界」とがあった。

 車のなかで思ったことは、もし人が宇宙船の窓の外をはじめて見たら、あるいは洞窟の外の世界をはじめて見たら、たぶん発狂してしまうのではないか、ということ。影しか知らない者が、光や「真実」の姿に堪えられるだろうか。

 そうして、いま、わたしが5月のバイパスを走っていると思っているこの世界は、ほんとうはただの「モノの影」かもしれない。わたしはいま緑あふれる「閉ざされた洞窟」にいるのかもしれない。そう思っているこの「わたし」の姿もたぶん「モノの影」かもしれない。そういう、何か無限の深淵でものぞき見るような感覚におそわれた。

JUGEMテーマ:日記・一般
mojabieda * オカルト * 18:24 * comments(0) * trackbacks(0)

「温かさ」について

 「温かさ」について。この前まで朝は1度だった。その次の日、とつぜん14度になった。初夏のような温かさ。しかし、その前の日の「いつもと同じ1度」のときに、わたしは「こころもち温かくなったな」と思った。そう言って朝子どもを学校へ送り出した。しかし実際に気温を測るといつものとおりの1度だった。ふしぎだなと思った。

 いつも思うのは、気温が同じ10度でも「寒い10度」と「温かい10度」があるということ。日照のかげんや風の強さや湿気、それからその日の体調・精神状態などによって微妙に感じ方が変わるのは判る。しかし、それだけだろうか?と思う。いつもふしぎに思ってしまう。  

 もしかしたら、物理的な気温と、体(心だが)が感じる温かさとは、ほんらい「違う」ものではないのだろうか。と思う。「違う」というのは、一人一人の内面世界が違う(はずだ)から、違うという意味だけではない。感覚によって感受できる世界(物質世界)とは「違う」時空の「温かさ」を感じているのではないだろうか。と思ってしまう。たとえば──  

 わたしがいつもと同じ気温1度でもその朝「こころもち温かくなった」と感じたのは、翌朝の14度の記憶を先取りしていたのではなかったか。これを予感とか予知とか言っても差し支えないけれど、気温だけでなく、「温かさ」「冷たさ」を感じるというのは、いろいろなTPOで感じるものだ。肌で気温を感じてはいるけれど、それだけではなく物理的な時空を越えたより広い世界の「温かさ」「冷たさ」をそれぞれが自然に感じ取っているのではないか。主観の世界(内面・精神)と客観の世界(外界・物質)の齟齬を埋める第三の世界の・・・。そう思ってしまう。  

 予感を信じている人はあまりいないかもしれないが、わたしの人生は予感によって左右されてきたように思う。というよりも、予感によって支えられてきたように思う。ここでいう予感というのは、たとえば、あるとき、日頃感じているものとはまったく違う感じを、なんの現実的な脈絡もなくとつぜん感じることを言う。予感そのものは予感できないものだ。文法用語でいえば「能動」でも「受動」でもなくその間を埋める「自発」のようなものか。願ってもかなわないが、願ってもいないのにかなう。とはいえ、なんとなくどこかでそう願っていたのかもしれないことが思いがけず自然にかなう、みたいな感じ。とつぜん向こうから予感が「やってくる」のだが、あとになってからようやく「これはあの時の予感が当たったんだ」みたいに物事が「運ぶ」感じ。だから、宝くじが当たるのを予感する、なんてことはない。これは予感ではなくただの期待。  

 一方、悪い予感が当たるというのもあるが、これは予感ではなく不安・怖れだろう。すでに前もって怖れや不安を感じているので、それがかえって内面にも外界にも悪影響を与えることがある。そうして無意識に「結果」を自ら招くのを本人にもどうにもならなくて、とうとう「当たってしまう」こともある。また、前もって怖れを感じることによって最悪の事態にも対処しようとする準備や心構えができることもある。とはいえ、これらは予感ではない。予感は期待することも怖れることもできないもので、とつぜん向こうからやってくる。  

 わたしの感じた予感とは、あるとき(精神的にひどく落ち込んでいたとき)、そのときの精神状態とはまったく正反対の、何の脈絡もない「温かさ」を近い未来に感じる。また、ある「方角」に対して何の脈絡もなく惹かれ、その方角になぜかいつも「温かさ」のようなものを感じる。そうしてなぜか未来が開ける。その「方角」に未来が開ける。そんな予感だった。  

 「こころもち温かくなった」というのは、もしかしたら予感ではなくただの期待だったかもしれない。14度からまた再び気温が下がった。当たり前だが、まだまだ寒い日がつづく。早く身も心もサイフも温かくならないだろうかと期待する(予感はしない・・・)。

JUGEMテーマ:日記・一般
mojabieda * オカルト * 08:58 * comments(0) * trackbacks(0)

人はどうして直立し、歩くようになったのか

 有志の学習会で、4つの文章を読みました。『自立と試行』(羽仁進)、『生命はいつか宇宙に旅立つ』(龍村仁)、『千年間押しくらまんじゅうし続けた町』(畑山博)、『一握の大理石の砂』(中井正一)です。ほとんど脈絡はありません。

 龍村の文章などを読んで、人はなぜ、どのようにして四つ足ではなく大地に後ろ足で立ち、二足歩行をはじめたのか、などを語り合いました。

 学習会のあと、わたしは一人で以下のことを考えました。

 はじめに「大地に立ちたい、歩きたい」と想像し、「そうしたい」という願望が前提にあってはじめて、人にはそれが可能になったのではないか。

 ではなぜ「大地に立ちたい、歩きたい」と思いはじめたのか。

 大地に立つという行為は、重力に抗う行為。四つ足ならあばら骨が内蔵を支えるのに、二本足で立つ以上とうぜん内蔵や腰や足に負担がかかる。そんな無理な姿勢にもかかわらず人はいつからかスクッとまっすぐに立ち上がることを望んだ。

 その理由は、人が大地の桎梏(しっこく)から脱して「天を仰ぎたかった」「天に近づきたかった」からとしかいいようがないのではないか。

 はじめに「想像力と願望」があった。

 こうして立ち上がることができた結果として、両手が自由になり、バランスをとって二足歩行をすることができるようになったのではないか。

 やがて前肢は体を支えるための、大地を蹴って走るための前足から、自由にものを使い、改良し、かつ表現する手に「変形」した。いや、人がみずから「ピンゼル(絵筆)」(中井正一)を持つことのできる手に、その骨格や筋肉などを変形させてきた、ということだろう。

 たとえばキーボードを叩き、箸を使う指の細やかな動きを観察してみる。これほど繊細な動きができるようになるまでに、人はどれほど永い年月をかけて「前足」の「足指」を変形させてきたことか。人は「〜してみたい」というおのれの想像力と願望とから出発して、永い永い時間をかけてみずからの肉体を変形させてきたのだろう。

 こんなふうに考えて人を定義してみると、人とは「天をめざす」生き物ではないか、と考える。ギリシアの真っ青な空へそそり立つ古代神殿の石柱の遺跡(の写真)を見ると、なぜか感動する。今は幾本かの柱がぽつねんと大地に立っているだけであっても、古代の人々の天をめざす情熱は伝わってくる。

 人は「天」を求め、より高い存在を想像し、それをめざして今日に至ったのではないか。人類の永い永い歴史とは、人がより高い存在を想像し、めざしてきた歴史ではないか。人は善悪の両面を持つふしぎな存在だが、その矛盾を発展のダイナミズムにしてきたのではないか。もともと学問にしろ文学にしろ芸術にしろ、「まったき人間」への一歩をめざしてきたのではないか。

 そんなことをいろいろ考えました。



JUGEMテーマ:日記・一般


mojabieda * オカルト * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0)

他者への、永遠のディスタンス

 もう30年ほど昔の話。ある先生の話を聞いた。授業だったか雑談だったか忘れてしまった。たぶんこんな話だった。

 「宇宙人が宇宙からやってきて地上を見たとします。交差点で地球人がある機械の光を見て立ち止まったり歩いたりしていました。宇宙人にはその光の違いだけは分かりました。さて、この宇宙人が地球人にまぎれて侵入してきたとしたら、地球人と同じように行動できるでしょうか」という質問のような自問のような話。そしてすぐにじぶんで答えを言う、「同じように行動できますね。光の色の違いだけ分かればいい」。

 なるほど、と思った。たとえまったく違った光の色に見えていたとしても光の色の違いだけ分かれば、進む・止まるの区別はその違いによって正しく判断できるはずだ。

 「たとえばこう考えてみます。ひとりひとりそれぞれまったく違う色で信号の色が見えているとします。そしてそれをなにかによって証明したいとします。ここにいろいろな色のチョークがあります。たとえば『止まる』という意味の信号の色をこの中から選びなさい、とわたしが言ったら、皆さんはどのチョークを選びますか」

 どのチョークって、ここに赤、青、白、黄、緑のチョークがあるけれど、「止まる」はこの赤いチョークだろ。他の色を選んだら、それこそ色盲かなにかだろう。とわたしは思う。

 「皆さんはこのチョークを選びますよね」と先生は赤いチョークを取り出します。

 ここでふと「はてな」とわたしは思う。みんなはどうして赤いチョークを選ぶのか。それはこの赤いチョークと、信号の赤(止まれ)の色とがいちばん近いと思うからだろう。万が一、信号の赤(止まれ)がたとえば人によってまったく違った色に見えていたとしたら・・・そうか!違った色に見えていたとしても、それは信号の赤(止まれ)を見てそう見えている以上、その赤に最も近い色はこのチョークの赤なんだ!

 ということは・・・・・ということは、万が一、その信号の色が、人それぞれにまったく違った色として見えていたとしても、それを証明しようとして、いちばん近い色をこれらのチョークの中から選んだら、みんな同じこの赤いチョークを選んでしまうんだ!

 わたしは悟った。

 驚愕的な事実だった。ひとりひとりが玉手箱を持っていて、その中にじぶんだけの宝物を入れている。しかしそれを玉手箱の外へ出してみんなで見せ合おうとすると、たちまちその宝物は木の葉となって煙のように消えてしまう。そんな感じだった。

 わたしが見ているこの世界、これを表象と呼んでおく。すくなくともわたしはじぶんの目で見ているこの表象ほどじぶんにも人にも確かなものはないと信じていた。その前提が崩れてしまい、奈落の底へ落ちるような感じがした。

 換言すれば、この事実とは「わたしの(見ているこの)世界」が「他者の(見ているだろう)世界」と永遠につながらないという事実だ。いや、つながる・つながらないということさえ言えない。

 個の内面世界とは永遠の絶海の孤島である。だからこそ、人はそれぞれの内面世界を絵画にしたり、詩にしたり芝居にしたり音楽にしたりして表現しようとする。そうして人に伝えようとする。「伝わるか・伝わらないか」永遠に分からないものを、おのれの存在をかけて伝えようとするからこそ、そこにコミュニケーションが生まれるのではないか。

 「へだたりがあるからこそかかわりが生まれる」ということわざのとおり、ディスコミュニケーション世界から永遠に脱することができないからこそコミュニケーションしようとする意義があるのだろう。

 映画でいえば、『パピヨン』の中の、絶海の孤島から奇跡的に脱出するパピヨンに用はない。その後のパピヨンほど魅力のない者はない。むしろ、実話には存在しないという、かれを見送る(ダスティン・ホフマンが演じた)友人ルイ・ドガに限りなく惹かれる。永遠に絶海の孤島から抜け出せぬ彼にこそ人生の隠された(=オカルト)意味があるのではないか。

 個の内面のギアは自律・独立したギアであって、外世界のギアとつながるのか、つながらないのかは永遠に分からない。だからじぶんのギアと他者のギアとは二重の意味で分からない。それがかみあっているように感じるとすれば、それは(まったくの幻想かもしれないが)奇跡的なことだろう。その奇跡を信じる以外にない。

 他者への、永遠のディスタンス。



JUGEMテーマ:日記・一般


mojabieda * オカルト * 00:27 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ