<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 堤 未果(つつみ・みか)さんの講演会あります | main | 現代人の自発的服従 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

死者が出る教員採用試験

 去る8月4日の午後2時25分ころ、埼玉県教員採用試験を受験していた女性(38)が亡くなった。

 新聞などによると、プールで水泳実技の試験中、50メートルを泳いだ直後に意識を失い、心臓が停止してそのまま死亡したという。

 クロールと平泳ぎとを25メートルずつ泳ぎ切ったあと、プールサイドに片腕をかけ、顔を水面近くに横たえたまま動かなくなったという。試験員らがすぐに引き揚げ、AEDを使って心肺蘇生を試みたがだめだったらしい。

 この女性は大卒後臨時教員となり、一時家庭に入ったが、05年から復帰し、採用試験を受けていたという。

 この事故(事件か?)について、埼玉県のコメントはない。
 
 その日、何が起こったのか。さまざまな情報をとりよせて以下に再現してみる。

 8月4日。
 8時。会場の小学校(春日部市立立野小学校)に入る。エアコンのない教室で3時間待機。その後ピアノの試験。待機教室は小学校の教室なので子ども用の椅子に座った。
 12時ごろ昼食。
 1時。体育館に移動する。体育館は満員で40度近い蒸し風呂のような状態だったという。その体育館で鉄棒試験受ける。そのあとプールで水泳の実技がつづく。

 体育館を出てプールへ。簡単な準備体操をし、25メートルを1本練習、そのまま本番。25メートルクロール、25メートル平泳ぎ計50メートルを女性は60秒以内に泳がなければならない。

 以下は同じ試験を受けた人たちの証言。

 「私もほぼ同じ頃、他の学校で同じ試験を受けていました。本当に暑くて、待ち時間も長く、待合室の教室は本当に蒸し風呂のようで、実技試験の前に、体力を失ってしまう状態でした」

 「私はまさに立野小で試験を受けていました。体育館で鉄棒試験を待っている時に事故が起こって・・・。騒然とした状況で私たち他の受験生は蒸し風呂の体育館でずっと待っていました。心停止と聞いて怖くなり、また暑さで気分が悪くなり、モチベが下がっていつもより実力を発揮できませんでした。無理するなとか気分が悪かったら申し出ろとか言われても、試験だしみんな我慢して頑張っちゃいますよね・・・。その方も頑張りすぎちゃったのかな?」

 とうぜん試験だからだれもが頑張る。多少体調がわるくても一生懸命になって無理をする。受験する者にとっては人生がかかっているのだから。

 8時から2時すぎまで続いた極度の緊張状態と蒸し風呂のような教室・体育館での長い待機と試験。その直後に野外の冷たいプールでのきびしい実技。そうして心停止。
 
 だとすれば、これは事故ではない。偶然の事故ではなく必然的な事件だ。少なくとも、このような悲劇的な結果が起きることが予測できる未必の故意として県に責任が問われるはずだ。「想定外」だったという弁明さえもない。これが「お上」のやり方である。
mojabieda * 教育 * 22:57 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:57 * - * -

コメント

ついに教員採用試験で死者が出てしまいましたついに教員採用試験で死者が出てしまいました
どうも、事件のあった学校では、体育館にいた受審者に対して、心停止した人がいることが伝えられ、一時中断になったものの、 水泳実技は再開されたようですね。
中断になった時は体育館のプール側の扉は閉められ、でも 体育館の外には出ないようにして熱中症にならないように気をつけてください、との指示があったそうですが全く信じられない運営です。
また、亡くなられた方には2人のお子さんがいたそうです。あの独特の緊張感の中、信じられないような運営がなされていた採用試験での事故…というよりも人災事件。 到底自己責任で済ますことは許されないと思います。
私達「埼玉県臨時教職員制度の改善をすすめる会」は埼玉県に改善を求める要望書 を提出しました。http://plaza.rakuten.co.jp/susumeru3/  ← ぜひご覧ください!


Comment by じゅんじゅん @ 2007/08/10 5:51 AM
コメントありがとうございました。
二人のお子さんのお母さんだったのですね。
ブログを拝見させていただき、充分に準備もされていたことも分かりましたし、実際に学校で水泳なども指導されていたのでしょうね。その上での「事件」だということがよく分かりました。
もし学校の勤務であれば、公務災害になるのでしょうけれど、このような場合にどのような保障がなされる(なされない?)のでしょうか、たいへんに気がかりです。
Comment by @ 2007/08/11 7:12 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ