<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高田渡『バーボン・ストリート・ブルース』 | main | 高田渡とバッハのインヴェンション >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

本当のユダヤ人はパレスチナ人?

 アサヒ・コム(5月31日)の記事を読んでびっくり。

 古代ユダヤ人の子孫はパレスチナ人だという。

 イスラエルのある大学教授が著書でそう述べたらしい。「今のユダヤ人の祖先は別の地域でユダヤ教に改宗した人々であり、古代ユダヤ人の子孫は実はパレスチナ人だ」。

 さまざまな「常識」がひっくりかえってしまう。

 考えてみると、古代のユダヤ人たちが、現在のパレスチナから追放されたとしても、すべての人々が木の葉がすくわれるようにゴソッと全部追い出されたわけではないだろう。改宗した人たち、秘かに改宗したふりをした人たち、追放されたがこっそり戻ってきた人たち、隠れていた人たち、出てゆきたくても出てゆけない人たちもいたにちがいない。そうして居残った古代ユダヤ人たち(教授によれば古代ユダヤ人は大部分が追放されずに農民として残ったという──つまり追放されたのは王族や貴族などの支配層か)が征服勢力(の宗教、ことば、文化、暮らし)に溶け込みながらその土地に住み続けたとすれば、古代ユダヤ人の直系の子孫はパレスチナ人となるのだろう。

 イスラエルの初代首相ベングリオンらが建国前に著した本の中で、パレスチナ人たちをユダヤ人の子孫と指摘していたという。

 逆に、追放された古代ユダヤ人たちは、たしかに世界へと離散したのだろうが、さまざまな他郷を流浪し、その他郷の人々に溶け込みながら2千年も暮らしてゆけば、「信仰心」は連綿と続いてきたとしても「血縁」関係は薄くもなろう。中国の開封にも漢民族にほとんど同化してしまったユダヤ人コミューンがあったという。

 だとすれば、現在パレスチナにパレスチナ人を追い出して建国している、通称ユダヤ人の国イスラエルとはいかなる国家なのだろう。



mojabieda * 政治 * 22:24 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:24 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ