<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 住民税と赤字空港 | main | 乗っ取られているという感覚 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

『白い春』の終わり方

 6月23日(火)はテレビドラマ『白い春』の最終回だった。楽しみにしていたのに・・・。今までDVDが出たらすぐに買ってでも観ようと思っていたが、もう観ることもないだろう。

 ドラマの終わり方は最悪のパターンの一つだった。主人公の阿部寛は、娘の育ての父のパン屋を救うためにみずから「犠牲」となって非業の最期を遂げる。

 この終わり方がなぜ最悪なのか。

 それは1度でも犯罪を犯した者は、どれほど罪をつぐない、改心して、まっとうな生き方をしても、最終的に非業の最期をとげるという結末で終わっているからだ。これでは救いようがない。

 さらに、最終回の阿部はまるで「聖人」のようだった。じぶんを裏切った友人を赦し、実の娘が会いに来ても、静かに涙を流しながら「ここへは来るな」と優しく諭す。そうして清貧にひっそりと、老人の世話をしながら暮らす。その「聖人」を「犠牲」に供して終わる。 

 そうして残ったものは何か?「小市民」的な生き方だ。娘とパン屋は、あたかも「やっかい者」がいなくなったかのように、手をつないで阿部の墓から笑顔で去って行く。犯罪者と小市民という二分法の世界。ドラマの制作者の「小市民性」がくっきりと浮かびあがってしまったかのようだった。  

 これはありえない。現実には残された者たちは不幸になるにちがいない。命を救われたパン屋は、心の傷と店(家でもある)の中で引き起こされた殺人の重荷とを一生背負うはず。店では2度と仕事ができそうもない。お客も来ないだろう。そうして女の子(娘)は、実の父親だと人から聞かされ、子どもながらに「もう1人の父親」という意識を阿部に対して持ちはじめた直後に彼の「非業の最期」によって永久の別れに直面する。しかも楽しい思い出のある家の中で。これでは幼な心に深い傷を負わないはずはない。  

 もちろんこのドラマは一種の大人のメルヘンだ。だったらメルヘンのまま終わってほしかった。  

 このドラマにはどこか明るい、無垢な、しっとりとした、心温まるトーンが流れていた。それは天真爛漫な女の子のつくりだすトーンだ。このトーンを際立たせたのが「やくざ」であった実の父親役の阿部だった。そうしてこの娘との出会いによって、阿部の歪んだ心が丁寧に洗いほぐされ、なぐさめられ、まっとうな生き方をさせていった。娘の存在によって父親はいわば「マイナス」の状態から「ゼロ」の状態へと引き上げられた。この「さいわい」(「しあわせ」ではない──「しあわせ」は「ゼロ」から「プラス」への移行だ)が、観るものの心を洗った。  

 このしっとりとしたトーンを最後まで崩してならなかった。最後はまったく異質なトーンに変わってしまった。とってつけたような主人公の非業の最期。主人公を一気に聖人かスーパーマンのように祭り上げ、その「聖人」を「犠牲」にさせて娘とその家族に「恩返し」させたかのようなドラマの安直で無理な、しかも「小市民的」な仕舞い方。いわば九仞の功を一簣に欠く仕舞い方だった。

  ではさいごはどうあるべきだったか。阿部はさいごまで生きているべきだった。たとえば20数年後、老人となって杖をついて歩いている。ふと、向こうからやってくる小さな女の子に目をとめる。なぜか分からないが気になる。女の子の手をひいている女性に目がいく。向こうもこちらを見る。お互いだれなのかよく分からないまま、ふしぎに目がとまる。そうして記憶の深い海の底から何かが意識の海岸へさざ波とともに打ち上げられてくる。はじめはよく分からないまま互いに軽く目であいさつする。そうしてだんだん記憶がよみがえり半信半疑で軽く会釈する。やがて深い確信となって、互いにぎごちなく深く会釈する。通り過ぎてしまう。なぜか話しかけることもなく。振り返ると、小さな女の子も振り返ってこちらを見てにっこりとほほえむ。エンディングの曲がながれ、カメラは一気に上空へとかけあがり、やがてその町と砂粒のような主人公を映す(このカメラワークは映画『オブローモフの生涯より』のよう)。こんなふうにしみじみと終わってほしかった。

JUGEMテーマ:日記・一般
mojabieda * テレビ番組 * 05:48 * comments(0) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 05:48 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

白い春 再放送

F-CAST テレビドラマ視聴率情報 メイド刑事 福田沙紀主演 視聴率 あらすじ ... 06/25:LOVE GAME 釈由美子主演 全13話視聴率 あらすじ 感想; 06/24:白い春 第2章 阿部寛主演 全11話視聴率 感想・あらすじ; 06/24:アタシんちの男子 2堀北真希主演 全11話視聴率
From シャァ!最新情報 @ 2009/06/26 8:26 AM

白い春 ロケ地

白い春 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!商品価格:19,152円レビュー平均:0.0「白い春」最終回 - 橙猫POST〜妄想大暴走〜 - 楽天ブログ(Blog)「白い春」最終回. ... 「白い春」最終回 「どんなテレビを見ました?(211361)」. [ ドラマ感想 ]. やっぱりなぁ… 無垢な娘と、前
From ニュースブログ @ 2009/06/26 8:52 AM
このページの先頭へ