<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ただの杞憂であればよいが | main | 言語道断 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

政府の犯罪

 シュピーゲルのアニメは風向きや放射線量などを計算・予測してつくられていると思います。日本の科学技術からすれば、こんなアニメなど気象庁などでできないわけがないと思います。よく台風の進路予想などアニメで観ますが、観測データから、風向きによっていつ・どこの放射線量が高くなるのかぐらい「科学的に」予測できるはずです。それをメディアではいっさいこのように「科学的」に伝えないで「ただちに人体には影響はない」みたいな言い方を政府首脳や「専門家」がしています。

 シュピーゲルの「放射性雲予想図」のように「この日のこの時間はここでは特に放射性物質が飛散してくる可能性が高い」ということが事前に分かれば、科学的データとして少なくとも子どもたちの遠足とか、外での学校行事とかを事前に変更・中止できる理由となり得るのではないでしょうか。それができないように政府もメディアも知らせないでいるとしたら、犯罪ではないでしょうか?台風でできることが放射性雲でなぜできないのでしょう?毎日天気図を解説して一週間先まで天気予報を流しているではありませんか。

 「ただちに人体には影響はない」の「ただちに」はなるほど正しいかもしれない。しかし、この「ただちに」には、数年後に影響が出てくる、次の世代に影響が出てくるかもしれないという裏の意味が含意されていることを、わたしたちは充分にくみ取る必要があると思います。さらに人体に「ただちに」影響はないかもしれないが、土壌・海は「汚染」が蓄積されていくかもしれない。そうなれば農作物・漁獲物に影響がでないはずはないでしょう。

 ドイツではメルケル首相(保守派)が15日に古い原発7基を暫定的に停止させました。ドイツではもうずっと前に原発を2022年までに全廃する法律をつくったのですが、保守派政権がそれを「修正」し、その全廃期限の「余命」延長をはかってきました。そのメルケルという保守の党首でさえ、しかし14日には延長計画を凍結せざるをえなかったのです。「全廃計画の修正」の修正です。ドイツの国民はFukushimaの事故を真剣に受け取り、ドイツ各地で反原発デモを起こしました。こういうドイツ国民の反原発・脱原発の動きを政府も無視できなくなったのでしょう。

 ところで日本のテレビニュースをずっと観ていましたが、ドイツの反原発デモを放映したでしょうか。わたしは観ていません。たまたまでしょうか?それからテレビニュースの解説で福島第1原発3号機の燃料にプルトニウムが使われているということをはっきりと指摘しているテレビニュースも観てはいません。これもたまたまでしょうか?プルトニウムを使用するプルサーマル発電を、たぶん企業も政府もこれからもさらに続け、発展させてゆこうとする意図・思惑があるのかもしれません。テレビ・新聞などのメディアに対し政府が厳しい「箝口令」を敷いているように思われます(読んではいけない原稿・禁句の一つがプルトニウム?)。外国のネット記事を見れば、プルトニウム使用はたいへん危険であり一大事なのだという情報はすぐに手に入る情報なのに。逆にいえば、こんな簡単に分かる情報をさえ隠そうとしているのだとしたら、簡単には分からない、どれほどの重大な情報を政府も企業も隠しているのだろうか、ということです。

 福島原発の恐るべき事故が日本を完全に「沈没」させるほどの致命的で全世界的なカタストロフィー(チェルノブイリと同程度かそれ以上)にならないかぎり、日本政府の原発政策を根本的には変えられないのではないかとさえ悲観してしまいます。そこまで国民を「洗脳」してしまっているようです。しかし、ほんとうにカタストロフィーは来るのでしょうか。日本在住の外国人たちは各国の政府によって海外へ退避しようとしているようです。逃げる場所がある人たちはどんどん逃げているのでしょう。

 いまさかんに原発がなければ電気が来なくて生活が困るよ、というデモンストレーションばかりを政府も企業もこぞってテレビで流しています。ほんとうに福島原発などの事故によって、消費電力がいちばん多くなるという真夏ではないこんな寒い日も、電力をまかなえないものでしょうか。そのあたりはわたしにも分かりません。この前中部電力が「オール電化にしないか」と家にセールスに来ましたが、「ライフラインが一つになるのは困る」と断りました。電気が完全に使えなくなるようなとき(今回のような地震時)にガスが使えるのか分かりません(家はプロパンです)が、オール電化って怖くありませんか?でもテレビの宣伝ではずいぶんオール電化が謳われていますね。近未来的で明るいイメージがあっていいなあと思わせられます。そうしてオール電化などで電気にがんじがらめにさせられたとき、今よりももっと強く、電気がなければどうにもならないから原発も仕方がないと思うようにさせられるのかもしれません。まさに狂気の世界です。

 この文章、にんじんさんへの返信の文章でしたが、そのままブログの記事にさせてもらいました。

JUGEMテーマ:ニュース
mojabieda * 政治 * 10:52 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:52 * - * -

コメント

わぁ、早速のお返事ありがとうございます!総理の原発訪問が、被害を拡大させた?!被害拡大を防ごうと懸命に努力していた人たちの妨害になったのではないだろうか?!あのパフォーマンスにかかった費用を被災者に渡した方がどれだけ有効だったのか?!ドイツが止めた原発は、7基なんですね。もっと、それを日本で知らせた方がいいのになぁ。放射線雲の情報・・・日本でも出来るはずの肝心な情報が知らされませんね。すぐに健康被害は出ない?!それに、単にレントゲン写真やCT検査などの放射線量との比較の問題なの?!報道されるのは、突っ込みを入れたくなるような、おかしな表現ばかり。節電に自販機を直ちに止めればいいのに。大学生の息子は、「法的には、それは無理だ」って言う。じゃぁ、そういう法律を作ればいい。(今の、政治ではお得意なことでしょう)それこそ企業献金が絡んでいて無理なんだろうな〜。
Comment by にんじん @ 2011/03/19 9:14 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ