<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 政府やメディアの言うことが信用できない理由 | main | とりいそぎどう対処したらいいのか >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ドイツおよびオーストリア気象庁の放射性雲予報

 ドイツのシュピーゲルにある日本の放射性雲の予報が22日以降新しくならないので、ドイツ気象庁(DWD)のトップページにある日本の放射性雲の予報がこれからの参考になるかと思います。

 いまのページには上の図のように23日(水)の12時(協定世界時)の予報が出ています。これは日本時間でいうと夜9時になるようです(9時間すすめる)。

 もう一つの図はネットで探した過去の予報図。「2011年3月22日火曜日00時(協定世界時)」。日本時間では22日火曜日の朝9時ということになります。この図がほんとうならば、22日の今日いま現在は放射性雲が静岡県まで包んでいることが分かります。この数時間前に福島原発で「何か」重大なことが起こったことを意味しているのでしょうか。

 また、ドイツのシュピーゲルの放射性雲のアニメーションは元をたどるとどうもオーストリア気象庁(ZAMG)のもののようです。シュピーゲルでは新しい映像を載せなくなったが、元のZAMGには予報がきちんとアニメーションで出ています。この時刻をうっかり日本時間だと思ってまちがえてしまいましたが、協定世界時のようです。だとすると9時間分時刻を進めなければなりません。

 オーストリア気象庁(ZAMG)のホームページ(http://www.zamg.ac.at/)の「Neue Informationen(新情報)」の下のメニューのなかの「Unfall im japanischen Kernkraftwerk Fukushima」(日本の福島原発の事故)をクリックすると、最新の日本の放射性雲のアニメーション予報を観ることができます。ここは毎日アップデートしているもよう。

JUGEMテーマ:ニュース
mojabieda * 時事 * 07:25 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 07:25 * - * -

コメント

9・11 あの時、ずっとテレビ画面を観てました。日本では、夜から朝に向い、現地は、朝から昼に向う時間でした。今は、ネット上の「世界時計」で、時差がわかり便利です。東京では、22日に雨が降り、23日に水道水から、「ヨウ素131」が、検出され乳児に水道水を使うなと報道され、店頭の「水」は、売り切れです。私は、12日から毎日欠かさず、わかめや海苔を食べています。庶民は、どうしたらいいの?!
Comment by にんじん @ 2011/03/24 4:30 AM
東京で雨が降ったのは、3月21日。訂正いたします。
Comment by にんじん @ 2011/03/24 4:42 AM
雨は、21日、22日と降った。訂正しなくてもよかった。原子力安全委員会が定めた飲食物摂取制限に関する基準が、3月21日に一部改正され、乳児の基準値を設けたらしい。その数値を上回る検査結果が出た。保育園は、どうしたらいいの?!1歳以上は、大丈夫???どこに「答え」があるの?
Comment by にんじん @ 2011/03/24 5:21 AM
>「2011年3月22日火曜日00時(協定世界時)」。日本時間>では22日火曜日の朝9時ということになります。この図>がほんとうならば、22日の今日いま現在は放射性雲が静>岡県まで包んでいることが分かります


検索しやっとこちらにたどり着きました。
掛川市在住です。
異様な空に驚き、あれが一体何だったのかと思う日々でした。
『ガーン!』と固まった空と空気、あの光景は一生忘れられません。
お彼岸の入り21日には墓参を済ませ、原発関連のニュースも無かったあの日。
私が見たのは、大量の放射能を帯びた放射能雲だったのだと確信しました。
Comment by ごぼう @ 2011/07/05 9:47 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ